• 商品イメージ
  • 試供品のお申し込みはこちら
  • 宅配イメージ

ビンのおはなし

明治の宅配サービスは、安全性の高いリターナブルビンを使用し、 リユース・リサイクルを徹底して行っています。

株式会社 明治では、安心・安全・衛生的をキーワードに1998年より、リターナブル牛乳ビン関連の設備投資を集中展開してきました。
クリーンルームでの容器充填、開けやすくなおかつ高い密閉性を実現したポリキャップ、シュリンクフィルム等の改良で飲み口の衛生性を高めたほか、ビンの軽量化にも成功。
今後も、お客様の利便性を追求しつつ、さらなる環境への配慮を進めていきます。

シュリンクフード

飲み口を広くしながら、高い密閉性でゴミ・ほこりをシャットアウトします。
強力なシュリンクフードは、イタズラ防止にも効果的!
※はずしたフードやゴミなどをビンの中には入れず、ご家庭で処分して下さい。

【イメージ】シュリンクフード

ポリキャップ

紙キャップに比べて開封が簡単なポリキャップ。気密性が高いので衛生的で安心。倒しても中身がこぼれません。
※キャップは捨てずに、ビンに付けてお戻し下さい。

【イメージ】ポリキャップ

軽量ビン

手に持ちやすい中太サイズの軽量ビン。
180mlビンは155gの軽さを実現しました。
特殊技術でビンの外側に樹脂を薄くコーティングしたことで、耐久性が約3倍アップしました。
冷蔵庫の棚におさまりやすい高さです。

【イメージ】軽量ビン

ビンについてのご注意

  • 開封後はできるだけ早くお召し上がりください。一度に飲む量が少ない場合には、別の容器に飲む量だけを移し替えてお召し上がりください。開封後のビンはキャップをして、すぐに10℃以下で保存してください。
  • キャップの気密性が高いので、キャップフードのまま加熱しないでください。
  • ビンは軽く水洗いの上ご返却ください。
  • キャップは軽く水洗いの上、ビンにつけてご返却ください。
  • ビンのまわりにある白い線は汚れなどではなく、製造ラインを流れる際にビンとビンとが擦れあってできてしまうキズです。品質等には何の問題もありませんので、安心してお飲みください。
  • 温める場合は、必ず他の容器に移してから温めてください。

最新のESL技術を採用

株式会社 明治では厚生労働省の承認を得たHACCP(総合衛生製造過程※1)に沿った高度な衛生管理下で商品を生産しています。
また、ビン商品は原料から容器、製品にいたるまでの各工程を工場内の完全なクリーンエア内で処理(ESL製法)することで、製品の品質・保存性がさらに向上。お客様に美味しさと安心を、お届けしています。

※1)HACCP(ハサップ)
厚生労働大臣より承認された高度な食品衛生管理手法のこと。製品の製造過程ごとに様々な角度から起こりうる危害を分析・管理して製品の安全確保に努めようとするものです。株式会社 明治では、この管理方式を遵守し、より安全な製品をお客様にお届けするよう日々努力しています。

ESL製法

製造工程のすべての設備の洗浄性・機器殺菌性のレベルを向上させ、各工程を完全なクリーンエア内で処理することによって、製品の保存性を高める技術のこと。シュリンクフード、密閉ポリエアキャップとの併用で、さらに製品の品質・安全性が向上しました。

「3R」のお手本的な存在

「3R」とは、Reuse(再使用)・Recycle(再資源化)・Reduce(削減)を意味する、環境と人にやさしい言葉です。
安心・安全・衛生面を追及した工場で製造された製品は、(株)明治 特約店を通じて皆様のご家庭に。
ご利用後、ビンは回収され再利用されます。

Reuse(再使用)

各ご家庭から回収された牛乳ビンは、毎日工場で洗浄・殺菌処理を行った上で再使用しています。

【イメージ】Reuse(再使用)

Recycle(再資源化)

再使用を繰り返して傷などが付いたビンは、ガラスを砕いて新しいビンに生まれ変わらせ再商品化します。また、ポリエチレンキャップもビンと一緒に回収して洗浄後、専門業者の元で再資源化。ポリ袋や苗木用ポットなどにリサイクルされます。

Reduce(削減)

ビンの再使用、再資源化を繰り返すことが、結果的にゴミの削減へとつながります。
この環境保護への取り組みで高い結果を出していることから、宅配牛乳ビンは「3R」のお手本的存在と呼ばれています。

【イメージ】3R

ページの先頭へ戻る